ハリーポッター 映画 動画 吹き替え見逃し1020日auビデオパス

 

 

『ハリー・ポッター』といえば、知らない人はいない人気ファンタジー映画シリーズ。

映画だけにとどまらず、J・K・ローリングさん原作による小説のほうも世界的なベストセラーとなりました。

ファンタジーといっても、子供向けというより、もはや1つのジャンルを確立したといってもいいような名作ですよね。

そんな『ハリー・ポッター』の第4作となるのが、今回取り上げていく『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』です。

毎回見どころが多すぎておどろかされるこのシリーズなのですが、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』は、いったいどういう内容となっているのでしょう。

それでは、あらすじや主要キャストなどを確認していきたいと思います。

 

ハリー・ポッターと炎のゴブレットが見れるおすすめVODサービス

auビデオパス

 

 

auビデオパスの公式サイトは下記です。

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

 

 

U-NEXT

 

 

「U-NEXT(ユーネクスト)」の公式サイトは下記です。

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

「U-NEXT(ユーネクスト)」の31日間無料お試しキャンペーンはこちら

 

 

 

ビデオマーケット

 

 

ビデオマーケットの公式サイトは下記です。

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

今なら初月無料!映画作品が充実!ビデオマーケット

 

 

 

ハリー・ポッターと炎のゴブレット映画の見どころ

 

2001年に『ハリー・ポッターと賢者の石』が公開され、映画のハリー・ポッターシリーズは幕を開けました。

以後、『ハリー・ポッターと秘密の部屋』、『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』、『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』、『ハリー・ポッターと謎のプリンス』と公開されていきます。

2010年と2011年に分けて『ハリー・ポッターと死の秘宝』が公開されたことで、映画のハリー・ポッターシリーズはひとまず一件落着。

このように、あしかけ10年、7作にわたって続いた叙事詩的巨編ですが、第4作の『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』は、ハリー・ポッターの三大魔法学校対抗試合での活躍を描きます。

今回も従来通りにヴォルデモート卿との戦いが繰り広げられていくことになります。

三大魔法学校対抗試合の結果がどうなっていくのか、最後まで目が離せません。

 

ハリー・ポッターと炎のゴブレット映画のあらすじ

 

ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)の一家とともに、ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)は、クィディッチ・ワールドカップを見に行きました。

そんななか、あの不吉な闇の印が出現することに。

一方、ホグワーツ魔法魔術学校では、三大魔法学校対抗試合が実に100年ぶりに開催されるということが告げられました。

ホグワーツ魔法魔術学校のほか、ダームストラング専門学校、ボーバトン魔法アカデミーによって争われていく試合でした。

三大魔法学校から、炎のゴブレットで選ばれるという、代表選手。

ところが、ハリー・ポッターは、自分の意志とは無関係に代表選手に決められてしまいました。

こうして、望んでいないにもかかわらず、ハリー・ポッターはホグワーツ魔法魔術学校のために、戦いに挑むことになります。

 

ハリー・ポッターと炎のゴブレット映画に対する期待

 

これまでにもさまざまなストーリーで観客を魅了してきてくれた、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』。

いろんなドラマがありましたが、今回はホグワーツ魔法魔術学校をかけての対抗試合ということで、いつにもまして熱いバトルとなりそうですね。

三大魔法学校対抗試合において、次々とハリー・ポッターに迫って来る課題と、それを乗り越えようとするハリー・ポッターの姿が実に印象的です。

もちろん、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』からいきなり見ても楽しめますし、問題はありません。

しかし、シリーズ第4作となっておりますので、できれば、先に『ハリー・ポッターと賢者の石』、『ハリー・ポッターと秘密の部屋』、『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』を見ておいた方が分かりやすいかもしれませんね。

未見の方も、そうではない方も、このさい、今一度、全作品をご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

ハリー・ポッターと炎のゴブレット映画のキャスト

 

ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)

ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)

ハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)

セドリック・ディゴリー(ロバート・パティンソン)

ビクトール・クラム(スタニスラフ・アイエネフスキー)

フラー・デラクール(クレマンス・ポエジー)

アラスター・ムーディ(ブレンダン・グリーソン)

アルバス・ダンブルドア(マイケル・ガンボン)

セブルス・スネイプ(アラン・リックマン)

ドラコ・マルフォイ(トム・フェルトン)

シリウス・ブラック(ゲイリー・オールドマン)

ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)

 

ハリー・ポッターと炎のゴブレット映画のスタッフ

 

監督:マイク・ニューウェル

原作:J・K・ローリング

製作:デヴィッド・ハイマン

製作総指揮:デヴィッド・バロン、ターニャ・セガーチェン

脚本:スティーブ・クローブス

音楽:パトリック・ドイル

メインテーマ:ジョン・ウィリアムズ

撮影:ロジャー・プラット

編集:ミック・オーズリー

 

ハリー・ポッターと炎のゴブレットに出演されているエマ・ワトソンさんについて

 

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』を始め、一連のシリーズでハーマイオニー・グレンジャー役を演じてきた、エマ・ワトソンさん。

『ハリー・ポッターと賢者の石』で女優としてデビューし、すっかりハーマイオニー・グレンジャーとして定着しています。

しかし、もちろんこれだけがキャリアではなく、シリーズ終了後は、『コロニア』、『美女と野獣』など、さまざまな映画に出演してきました。

モデルとしても活躍していますが、なんといっても目を瞠ってしまうのが、学業のことです。

あの名門ブラウン大学の出身で、ほかにもイェ―ル大学やケンブリッジ大学にも合格歴があったのです。

これからもきっと、映画はもちろん、これだけにとどまらず、各方面で活躍してくれることでしょう。

 

ハリー・ポッターと炎のゴブレット映画のまとめ

 

もはや、世界のファンタジー映画史上、最も人気がある作品となった、『ハリー・ポッター』。

当面、追い抜かれることはありそうもないですよね。

あまりにも知名度や需要のある作品だけに、テレビで見かける機会も多い、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』を始めとする、一連の作品群。

でも、万が一、見逃してしまった場合には、公式の動画視聴サービスを利用して視聴しましょう。

違法サイトで動画をダウンロードした場合は法的に問題になってしまいますので、くれぐれも気を付けたいところですね。